●MM倶楽部の目的と活動

◆MM倶楽部の目的

◆MM倶楽部で行わないこと


MM倶楽部の活動とは、倶楽部代表、スタッフと、会員が共に個人投資家としての立場で交流を深め、
MM法技術の習得に努めることを主なる目的としております。また同時に、株式市場での情報を交換して難しい局面に対処する術を磨きます。

このような立場から、原則的には売買銘柄の御推薦をしたり、特定銘柄の御紹介はいたしません。あくまでもMM法の研鑽が目的です。しかしその途上で売買銘柄の検索という作業も入ります。この検索された銘柄をどう売買に結びつけるかは参加者個人の問題とすることとします。また特定の証券会社の御推薦もしません。しかし、金融商品の中には個人投資家にとっては大変危険なものが入っており、持ち寄った情報からこれらに注意を払うことはいたします。もちろんそういう商品の売買には御忠告を申し上げます。

MM倶楽部事務局主催のセミナーを行います。MMホームページの簡易検索3兄弟の機能、活用方法始め、MM法に必要なテクニカル手法を主として講演、解説を実施します。また、ホームページを通じて会員相互での情報交換の場も提供いたします。

以上は倶楽部設立の初期的な活動範囲を述べたものですが、会員の希望、また相場の急激な転換などにより運営方針を変えることも起こりえますが、あくまでも会員の方々のご意見を尊重して行います。

MM法はあくまでも個人投資家のためのものですが、個人投資家といっても全くのビギナーからセミプロの方まで株取引における経験には大きな差があります。したがって、株取引を始められる方、まだ経験の浅い方は、まずMM法習得セミナーや増田先生の著書、DVD、ホームページの解説、から学んでいただき、以後次第にレベルを上げて行き、時々の相場に応じたMM法のモデイフイケーションに進んでいただきます。上級、ベテランの方々は、研究会や会員掲示板等での情報や意見交換でさらなる成果アップを目指していただきたいと考えております。

自由経済社会においては、勝ち組、負け組みが生じます。その切磋琢磨の上で全体が向上していくのを前提とした社会システムです。その最も明確な具象の一つが株式相場と言えます。勝ち組になるためには、人一倍の知力・気力・体力が必要で、しかも相手は同じ一個人投資家よりもむしろ国内機関投資家やファンド、海外のヘッジファンド、富豪、オイルマネー、そして相場を操ろう、他を欺き蹴落とそう、とする面々となります。最初からあきらめるなら、高い手数料を払って投資信託で他人任せにするか、わずかな金利の銀行預金に預けるべきです。もしご自分の見識・社会的実績・経験を踏まえ、あるいは主婦として日々の生活の実感を基に、さらに向上心で社会とかかわり、日本のみならず世界の政治経済他情勢を分析しながら、余裕資金で自己責任でチャレンジされることはすばらしく又楽しいことで、極めて人間的な行為と思われます。皆様がMM法を利用、活用され、納得のいく成果を上げられ、余裕のある生活をエンジョイされることを切に願っております。

Copyright 2006 (C) by mm-club. All right reserved.
HOME