MM法
底で買い天井で売る、また天井で売り底で買い戻す

投資家にとってこれは夢ですが、今までは不可能だとされてきました。仮に試してみるにしても、非常にリスキーだと薦められなかった方法です。従来の方法はどのテクニカル指数を持ってきても、まずは株価が底から反転上昇する、その上昇が確実なものと判断してから買いを入れる、というものでした。しかし、それでは底での仕込みに比較して充分な値幅が取れません。

このような考えはファンダメンタル手法や、従来のテクニカル手法しか知らなかった時代の認識です。MM法はその呪縛から逃れて自由に売買します。MM法の考え方は、底で買わなければ取れる利幅が少ないと同時に、利幅が取れない売買はリスキーだという考え方です。積極的に底で買い、天井で売ります。

私達個人投資家は、マーケットにおける私達の立場はなになのかということを充分に認識して、それからマーケットに参入する必要があります。そうでなければ、腹をすかした狼のいる原野で食い殺されるのが関の山です。それほどこのマーケットは弱肉強食の世界です。

証券マンから銘柄情報を仕入れ、売買情報を掴み、それで売買して

大きな利益を上げた人がいるでしょうか。このよう情報は好業績の決算予想、新製品開発の報道などですが、報道されたときはすでに株価は底を離れ、かなり高い位置に来ていることが多いものです。したがってそのような情報による買いは「高値攫み」になる可能性が高いものです。

このような情報は証券会社所属のアナリストが発しますが、それをまず伝達し、トレードを薦める相手は富裕顧客です。個人投資家ではありません。アナリストが、またその所属機関が経費をかけて調査した情報を、安易に個人投資家に渡すはずがないではありませんか。

すると私達個人投資家が儲ける方法は、そのような情報のみでなく、テクニカル分析によるものが非常に重要になります。しかし、今日のインターネット取引が主になっているマーケットでは

従来のテクニカル手法では間に合いません。

また、個人投資家は皆、マーケットに資金を晒すのが危険だということを知っています。どんなに優秀で株価を上げている銘柄でも、一瞬の悪材料によって直ちに地獄まで下落するのを知っています。 つまり長期保有は大変危険なのです。投資信託の業績を見れば一目瞭然です。

このようにみると、個人投資家が取るべき手段は、

近代的なテクニカル手法による短期売買

だということになります。 さらに、個人投資家はプロと違い運用するのは自己資金です。失敗は直ちに命取りになる可能性もあります。個人投資家の戦いは真剣勝負です。この勝負に、他人から借りて使い込んでいない武器で勝てるでしょうか。あくまでも自分のものとなりきった武器を持ってマーケットに参入するのが

個人投資家の取るべき道

なのです。
MMチャート
MMチャートは、MM法に最も適したチャートソフトです。MM法専用に開発されたソフトで、株式投資の強力な武器となります。

ボリンジャーバンド、RSI、ADX、MACDの4指標を見やすく表示し効率的なテクニカル分析を行うことができます。また各種補足チャートにより売買タイミングの判断を助けます。

MMチャートはMM法検索ツールと合わせて、売買銘柄選択から参入、手仕舞いまで、

個人投資家が勝ち組になるための戦略を強力にバックアップします。

特徴


(データの更新は2009年6月12日で終了しました)

MM法検索ツール

MM法検索ツール

MM倶楽部のMM法検索ツールは、個人投資家がMM法を実践するため必要となる機能を簡単に3つのツールとしてまとめたものです。

MM法は、故増田正美氏が大学教授を退官後に長年株式相場の研究を続け、完成した科学的な株式投資の手法です。単独ではダマシを多く発生するというテクニカル解析の欠点を、トレンド系指標とオシレータ系指標をうまく組み合わせることにより克服し、さらに現在の動きの速い相場環境でも遅れることなく売買に参加できるよう、試行錯誤と調整を重ね現在に至りました。

その詳細については、書籍や本倶楽部の会員向けページによっても明らかにされていますが、どうしても数値を扱う操作が多く必要なため、いざMM法を実践するとなるとツールの使いこなしが難しいと感じる個人投資家が少なくありませんでした。そこで本倶楽部で独自開発したのがMM法検索ツールです。

特徴

MM検索ツール(MM法検索、買い物カゴ、保有株リスト)は、個人投資家がMM法に基づいて株式投資を実践するにあたり必要な「銘柄の検索」、「銘柄および参入時期の検討」および「保有株の管理」の全分野をカバーしています。また、各ツールはお互いに連携しており、銘柄情報の連携が可能なので、ボタン一つで効率よく操作を行うことができます。MM検索ツールの特徴は以下のとおりです。

MM法検索(ケンサクくん):MM法の4つのテクニカル指標(BB,RSI,ADX,MACD)でズバリ買い銘柄検索。日頃よく使う検索条件は「1ボタン検索」でワンクリック検索。さらに自分だけの検索条件を作成し、保管しておくこともできます。平日は忙しい週末投資家でも大丈夫、過去一週間分をさかのぼって検索可能です。

買い物カゴ(ケントウくん):MM法では検索した銘柄をいったん買い物カゴにいれ、チャートを精査し参入の時期を待ちます。そのためにシグナルの点灯した検索銘柄を時系列順に表示。面倒な検索結果の管理から解放されます。買いと売りの信用取引にも完全対応。シグナルの出現パターンから参入時期を検討できます。最大14日間の検索履歴を表示、そこからじっくりと売買銘柄を絞り込む事が可能です。

持ち株リスト(ソンギリくん):持ち株(建玉)の管理は、ある意味参入より重要です。持ち株リストは損益管理を行う他、個人投資家の「損切りできない」という欠点をストップロスの設定によって克服します。効果的な損切りのため、提供されている4種類のストップロスから自分に合ったストップロスを選べます。頭ではわかってはいるが実行できない「損切りは素早く利食いは遅く」を着実に実行できるトレーリングストップ機能もサポート。さらに「勝率にこだわりトータルで利益を逃がしてしまう」個人投資家の癖を分析、克服するトレード分析機能も装備しています。